オススメ!

ここでは、「オススメ!」 に関する記事を紹介しています。

オンラインFPSゲーム サドンアタック(Sudden Attack:SA) の色々な情報を取り扱っているブログです。
初めての人は壁抜き、壁越しグレ、C4設置、トーテム、脱Noob(初心者)などの情報をまとめた
『サドンアタック 検証/攻略まとめ』 カテゴリから読むと上達しやすいです。
他にも役立つ記事が過去記事にたくさん眠っているので暇な時に発掘してみてください。
ゲーミングマウス『DHRAMAPOINT DRTCM12』を約一週間使ってみての使用感レビュー。
解像度400cpi、ポーリングレート125Hz、マウスパッドはDHARMAPOINT DRTCPW40Sで主に使用。
DRTCM15と同じくかぶせ持ちで使用。
手は少し大きめな程度です。

『DHRAMAPOINT DRTCM12』 写真レビュー



■対応インターフェース規格
USB1.1(タイプAコネクタ) USBフルスピードモード
ボタン数:10(cpi切替スイッチ、MODE切替えスイッチ含む)
ホイール:チルトホイール/抑制機能あり
割り当て可能範囲:ボタン9(左右クリック、左サイドボタン×2、センターホイール、チルトボタン×2、cpi切替スイッチ×2、)+ホイール上下
本体内にスクリプト収納用フラッシュメモリ内蔵 5モード
アプリケーションによるMODE自動切替機能
■光学式センサー仕様
トラッキング解像度 : 400-800-1200-1600cpi(ユーザー任意設定)
3200cpiエミュレーション動作(X/Y軸独立設定可能)
最大加速 : 15G
最大スピード : 40ips(マウス操作面の材質によって異なります)
フレームレート : 6400fps
USBデータバンド : 16bits/axis
USBレポートレート:125~1000Hz(ユーザー任意設定)
スリープモード:なし DCモード動作による常時稼動
リフトオフディスタンス調整機能:あり
ファームウェアアップデート機能:あり(別途USBマウスが必要です)
■本体寸法
W64×D121×H42mm
■ケーブル長
約1.8m
■重量
本体約110g(ケーブル含む)
マウスフィート:PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
動作環境:温度 0℃~45℃、湿度10%~90%(結露なきこと)
DRTCM12製品仕様 | DHARMA POINTより
 
 
ゲーミングマウス『DHRAMAPOINT DRTCM15』 を一週間使ってみての使用感レビュー。
解像度450cpi、ポーリングレート125Hz、マウスパッドはDHARMAPOINT DRTCPW40Sで主に使用。
普段はFPSゲームをプレイする時はマウスをつかみ持ちをするのですが、
ボディ形状的につかみ持ちはやりにくかったので、かぶせ持ちで使いました。
手は少し大きめな程度です。

『DHRAMAPOINT  DRTCM12』 写真レビュー



■DHRAMAPOINT DRTCM15 スペック
■対応インターフェース規格
USB1.1(タイプAコネクタ) USBフルスピードモード
ボタン数:10(cpi切替スイッチ、MODE切替えスイッチ含む)
ホイール:チルト抑制機能あり
割り当て可能範囲:ボタン9(左右クリック、左サイドボタン×2、センターホイール、チルトボタン×2、cpi切替スイッチ×2、)+ホイール上下
本体内に5モードまでのスクリプト収納用フラッシュメモリ内蔵 
アプリケーションによるモード自動切替機能あり
■レーザーセンサー仕様
トラッキング解像度:90~1620~5040cpi(90単位でユーザー任意設定)(X/Y軸可変可能)
最大加速:30g
最大スピード:150ips(表面によって異なります)
フレームレート:11,750fps
USBデータバンド:16bits/axis
USBレポートレート:125~1000Hz(ユーザー任意設定)
スリープモード:なし DCモード動作による常時稼動
リフトオフディスタンス調整機能:あり
ファームウェアアップデート機能:あり(別途USBマウスが必要です)
■本体寸法
W64×D121×H42mm
■ケーブル長
約1.8m
■重量
本体約110g(ケーブル含む)
マウスフィート:PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
動作環境:温度 0℃~45℃、湿度10%~90%(結露なきこと)
DRTCM15製品仕様 | DHARMA POINTより
 
 
DHARMAPOINTさんから新発売のマウスDRTCM12をレビュー用として製品提供して頂きました!
と言うかDRTCM15と同時に届けてもらったのですが、DHARMAPOINTさんの希望により7月23日の発売日まで
公開は控えてもらえたら、という事で本日の記事化となりました。
それでは写真レビュー。

■USB接続
東プレ Realforce108UBK 静電容量無接点変荷重108USBキーボード(黒) SJ08B0
東プレ
売り上げランキング: 1143
おすすめ度の平均: 4.0
5 使えば使うほど離れられなくなる
2 衝動買い
3 打鍵感は申し分なし、ただしスペースキーの短さが唯一のネック
5 最高です。
4 満足。

日本語配列、108キー、変荷重、カナ表記無し。


東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK
東プレ
売り上げランキング: 10756
おすすめ度の平均: 4.5
4 最初は失敗かと思ったけど・・・
4 購入前にお店で確認
5 買い替え
4 机の上すっきり!タイピング感はいつも通りだが・・・
5 モンブランに匹敵!

日本語配列、91キー、変荷重、カナ表記無し。


ダイヤテック Realforce 91UDK-G NG02B0
ダイヤテック (2008-12-05)
売り上げランキング: 27955
おすすめ度の平均: 5.0
5 かな入力派にも抜群
5 ついに出た、理想のキーボード決定版
4 オシャ♪
5 文句なしです

日本語配列、91キー、ALL45g荷重、カナ表記無し。
FPSゲーマー向けの色違いキー付き(WASD)。
 
 
コストパフォーマンス重視のBTO PCを扱うドスパラのPCで現在お勧めなモデルを紹介しておきます。

DHARMAPOINTさんから新発売のマウスDRTCM15をレビュー用として製品提供して頂きました!
これでDHARMAPOINTさんから製品提供して頂いたゲーミングデバイスは5つ目。ありがたいこってす。

まずはいつもの写真レビューから。

・日頃読んでいる新書やビジネス本のアウトプットがメイン用途
・サドンアタックと鉄鬼が起動できる(検証できる)
・液晶サイズは13インチ程度
・バッテリーの連続使用時間が、ある程度長くもつ
・外でも使うのでスタイリッシュな外観
・価格は10万円以内

以上の条件に合致するノートPCを探していたところ、
キャンペーンで安くなっているHP(ヒューレットパッカード)のdm3iを発見。
送料込みだと10万円を若干オーバーし足が出ましたが、魅惑のINTEL SSD(160GB)につられて購入。
2週間ほど使ってみてのレビューです。

主なPCスペック
OS:Windows7 Home Premium 32bit
CPU:INTEL Core 2 Duo SP9300(2.26GHz、標準電圧版)
MEM:2GB(DDR3 PC8500)
SSD:INTEL 160GB
GPU:NVIDIA GeForce 105M

コストパフォーマンス重視のBTO PCドスパラから春モデルが出ていたので紹介しておきます。

Game Boosterの記事のアクセス数が好評だったので他に便利なツールは無いものかとググっていたら、
サドンアタック攻略ブログと相互リンクしてくれているCrustさんのブログで便利なツールを発見。

ExtRes

リフレッシュレートは1秒間に画面を何回再描画するかを表す指標で、
FPSゲームでリフレッシュレートが高いと素早い視点変更をしてもチラつきにくく、動きが滑らかに見えます。
液晶モニターでサドンアタックをリフレッシュレート75Hzでプレイしようとすると、リフレッシュレートの切り替えを自動でやってくれないので
デスクトップ解像度をリフレッシュレート75Hz出力できる解像度(大体は800x600、1024x768といった低解像度)に設定して、
ゲーム内解像度も同様の解像度にする必要があります。
※ モニター、グラフィックボード(もしくはオンボードグラフィックチップ)が対応している事が前提です

なので普段、1440x900や1920x1080といった高解像度のデスクトップ解像度で使っていると、
一々デスクトップ解像度を切り替えてサドンアタックを起動する必要があるわけですが、
ExtResを使うとデスクトップ解像度・色数・リフレッシュレートを簡単に切り替えできるので便利です。
nVidiaのタスクバー通知トレイアイコンでも似たような事が出来ますがExtResの方が手軽でレスポンス良です。

ダウンロード、インストール、主な使い方の説明を載せておきます。
Windows 98/Me/2000/XP対応だけと表記は書かれていますがVista/7でも使えるようです。
PC環境によっては逆にチラつく場合もあります。使用は自己責任でお願いします。
ゲームには不必要なWindowsのサービスやプログラムを一時的にOFFにしてくれる便利なツールGame Boosterを紹介。
ツールのダウンロード、インストール、主な使い方の説明を載せています。
Windows2000、XP、Vista、7に対応。

Special Thanks(情報提供者) 革推さん

Razer Carchariasのレビュー第2弾。
第1弾『Razer Carcharias』写真レビュー

サウンドカード(Creative Sound Blaster X-Fi Digital Audio)に差して使用。
いつもONにしているCrystalizerは低音が強調されすぎるのでOFFにしました。
エージングは50時間ほど。



■Razer Carchariasのスペック

ヘッドフォン
周波数特性:20~20,000 Hz
インピーダンス:32Ωat 1kH
感度(1 kHz、1V/Pa 時):105 ± 4dB
最大入力:200 mW
ドライバ:40 mm、ネオジムマグネット

マイクロフォン
周波数特性:50~16,000 Hz
感度(1 kHz、1V/Pa 時 -37 ± 4dB):可変(ユーザー調整可能)
S/N 比:50 db
ピックアップパターン:単一志向性

ケーブル:3m、編組ファイバー皮膜コネクタ:3.5 mm ステレオミニジャック(ヘッドフォンとマイク)
コストパフォーマンスが高いと噂のゲーミングヘッドセット『Razer Carcharias』を買ってみました。

ゲーミングマウス『DHRAMAPOINT DRM26』 を一週間使ってみての使用感レビュー。
解像度800cpi、ポーリングレート125Hz、マウスパッドはDHARMAPOINT DRTCPW40Sで主に使用。
普段は かぶせ持ち、FPSゲームをする時は つかみ持ち。

『DHRAMAPOINT DRM26』 写真レビュー



■DHRAMAPOINT DRM26 スペック
対応OS:日本語版OSシステム Windows 7、Windows Vista™、Windows® XP搭載のDOS/Vパソコン
接続方式:USB
【光学式センサー仕様】
トラッキング解像度 : 800cpi(右クリック+センタークリック長押しで1600cpiに切替え)
最大加速 : 30G
最大スピード : 130ips(マウス操作面の材質によって異なります)
スリープモード : なし DCモード動作による常時稼動
【本体寸法】 W60×D115×H39mm
【ケーブル長】 約1.7m 
【重   量】 本体約110g(ケーブル含む)
【マウスフィート】 PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
キャプチャツールはFrapsを長年愛用していたのですが、
HDDの容量が圧迫してきて書き込み速度が出ず、動画撮影時にカクつく場面がたまに出てきたので
サドンアタックのプレイヤーの間で有名なキャプチャツールDxtoryを導入してみました。

本日発売のSteelSeries Xai専用のマウススケート「SteelSeries Glide Xai」もamazonで予約注文していました。

amazonで予約注文していたゲーミングマウス『DHARMAPOINT DRM26BK』が届きました。
まずは写真レビューから。


製品箱はDRTCM01/02に比べて結構小さいです。
ZOWIE GEAR Hammer Headsetのレビュー第2弾。
第1弾「製品の詳細写真と外観上のレビュー」

サウンドカード(Creative Sound Blaster X-Fi Digital Audio)に差して使用。Crystalizer 0% ON。
エージングは60時間ほど。

FPSゲーム向けとして作られた競合製品SteelSeries 5H v2との比較も織り交ぜています。



ZOWIE GEAR Hammer Headsetのスペック

接続:ミニジャック×2系統(アナログ接続:ヘッドフォン+マイク)
ヘッドフォン:周波数特性:15~25,000Hz、インピーダンス:32Ω、感度:98dB±4dB
マイク:周波数特性:60~10,000Hz、感度:-57dB±4dB、単一指向性マイク、ローインピーダンス
ケーブル:アナログ接続ケーブル:1.2m、延長ケーブル:1.8m
 
CounterStrike1.6の有名プレイヤーHeatoN、SpawNなどプロゲーマー30名のテストを経て製品化されたという
ZOWIE GEAR社のゲーミングヘッドセット「Hammer Headset」を買ってみました。
届いたばかりなので今回は写真レビューだけ。

ZOWIE GEAR(ゾーイ ギア)について情報を少しまとめておくと、
steelseries社でアジア地区のマーケティングを統括していたVincent Tang氏がCEOを務めるゲーミングデバイスメーカー。
本社はアメリカのカリフォルニア。
”ZOWIE”は北米(の一部)でスラング的に使われている言葉そのもので「すごくいい」という意味。

4Gamer.net ― 2009年末~2010年始に「買い」のグラフィックスカードは? 10分で分かる,実勢価格3万円以下のGPU事情

自分に合った用途でコストパフォーマンスの高いグラフィックカードが分かる記事。
最近のミドルレンジはRadeonがGeForceを圧倒しているみたいですね。
サドンアタックをプレイする為だけならGeForce9600GT ~ Radeon HD4850ぐらいを買っておけば快適に遊べると思います。
PCに詳しくない人は接続規格(PCI-Express、AGP)に注意。


マウスケーブルの状態をコントロールして、常に良好なマウスさばき環境を。
(Razerマウス、及び似たようなケーブルの太さを持つマウスに対応)
メーカー製品詳細ページ
Hetal1tyの「Razer Mouse Bungee」レビュー



サソリをイメージさせるデザインのマウスバンジー。
PCとUSB接続すれば青色LEDが光ります。USB2.0端子2つあり。
Razerマウス系のような細めのマウスケーブルだと、テープなんかで止める必要がありそうです。
メーカー製品詳細ページ(英語)


グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
グリーンハウス (2010-07-23)
売り上げランキング: 128

安価な定番モニターアーム。軽快に動かせ、止めたい位置に止められ、デスクスペースを有効に使える。
高価な定番モニターアームだとエルゴトロンLXが有名。
メーカー製品詳細ページ



audio-technica ヘッドホンハンガー AT-HPH300
オーディオテクニカ (2011-09-16)
売り上げランキング: 395

使い勝手の良いヘッドホン掛け。ゲーミングヘッドセットもOK。
メーカー製品詳細ページ



ごちゃごちゃした電源タップ周りをスマートに見せるケーブルボックス。
メーカー製品詳細ページ




Amazonで人気・定番のゲーム向けサウンドカードをまとめてみました。


■PCI Express(x1)接続
Creative PCIe Sound Blaster Z
Creative PCIe Sound Blaster Z
posted with amazlet at 12.12.10
クリエイティブ・メディア (2012-10-27)
売り上げランキング: 1458
スタンダードモデルですが、オンボードサウンドとは雲泥の差を感じられると思います。(Windows7以降に対応)
※使用しているヘッドホンやスピーカーによっては差を感じづらいです。
メーカー製品詳細ページ
クアッドコアプロセッサー搭載サウンドカード「Sound Blaster Z」を使ってみた - GIGAZINE




Zシリーズ フラッグシップモデル。(Windows7以降に対応)
ゲームだけでなくオーディオ用途にも十二分に対応。
メーカー製品詳細ページ
【PR】これは疑いなくシリーズ史上最高品質だ。「Sound Blaster ZxR」の実力を徹底検証 - 4Gamer.net
【藤本健のDigital Audio Laboratory】第543回:“PCオーディオ”へ舵を切った「Sound Blaster ZxR」を試す -AV Watch
ASIO/ハイレゾ再生の音質や高級ヘッドホンとの相性は? - サウンドカード「Sound Blaster ZxR」実力徹底チェック - Phile-web




ASUS STRIXシリーズ最上位モデル。(Windows7以降に対応)
現時点でのゲーム向けサウンドカードの中では最高。
メーカー製品詳細ページ
【PR】STRIXブランドから登場したサウンドカード3モデルを試す。最上位モデル「STRIX RAID DLX」の出力品質は競合を圧倒 - 4Gamer.net




1st PCと繋いでいるMDT242WGは、もう1台欲しいぐらいお気に入りの万能液晶モニターなのですが
「もう少しモニター位置を高くできれば・・・」と常々思いつつも使い続けていました。
そうすると長期間、少々無理にモニターの高さへ身体を合わせていたせいで姿勢が悪くなり猫背気味に。
「こりゃいかん」と言う事で高さ調整が出来る液晶モニターアームの情報を色々と調べてたどり着きました。
上海問屋が取り扱う液晶モニターアーム DN-ARM192

画像は、2nd PCの液晶モニター(19インチ)のも注文したので2セット写っています。

amazonで人気のOAチェアをまとめてみました。



安い! けど値段のわりにイイ!との評価多し。



ハイバックなのに安い! さらに値段のわりにイイ!との評価多し。
コスパ最強との呼び声あり。



■ゲーミングチェア
他メーカーの同価格帯ゲーミングチェアと比較すると、素材や機能性では頭二つ抜けてます。
ゲーマー向けでコスパ重視ならコレ!
メーカー製品詳細ページ


DXRACER ゲーミングチェア DXR-RDN レッド
Room works (2014-07-01)
売り上げランキング: 8,955
ゲーミングチェアの先駆けメーカー「DXRACER」のスタンダードモデル。
ミドルモデル:DXZ
フラグシップモデル:DX-03
・メーカー製品詳細ページ



AKRACING ゲーミングチェア WOLF-WHITE 白
AKRACING(エーケーレーシング) (2016-06-10)
売り上げランキング: 17,487
DXRACERのライバルメーカー「AKRACING」のスタンダードモデル。
ミドルモデル:NITRO
フラグシップモデル:PRO-X
・メーカー製品詳細ページ




「長年使う物だから10万円ぐらいの予算で考えてる」という人には選択肢の一つになる逸品。
(Hetal1tyは旧モデルを愛用しています)
・メーカー公式サイト




Amazonで人気・定番のゲーミングキーボードをまとめてみました。


■BUFFALO
とにかく安い! でもPCゲームで重要な「複数キー同時認識機能」に対応(必要最低限)。
メーカー製品詳細ページ


■LOGICOOL
LOGICOOL ゲーミングキーボード G105
ロジクール (2013-02-08)
売り上げランキング: 190
売価5000円前後なのに、LEDバックライトキー ・6キーロールオーバー・マクロキーなど充実の内容。
メーカー製品詳細ページ
【PR】「Logicool G」はどれを買うのが正解? 充実の製品ラインナップから選ぶ,ゲームジャンル別購入ガイド - 4Gamer.net


ミドルクラス。スタンダードな茶軸メカニカルスイッチ。
メーカー製品詳細ページ


LOGICOOLのフラグシップ ゲーミングキーボード。
独自スイッチ! カラフルな色で光る! 多機能!
メーカー製品詳細ページ
Logicool Gのゲーマー向けキーボード「G910」レビュー。世界初の「Romer-G」キースイッチ搭載モデルが持つ実力はいかに? - 4Gamer.net(G910のレビューですが大きな変更点は無いです)



■Razer
Razer社のフラグシップモデル。独自メカニカルスイッチ採用。
メーカー製品詳細ページ
「Razer BlackWidow X Chroma」英語配列モデルを試す。「X」付きのBlackWidowは,従来モデルと何が違うのか - 4Gamer.net



■Corsair
CORSAIR ゲーミング キーボード K65 Compact JP
CORSAIR
売り上げランキング: 6,514
アルミニウム採用がシブい。テンキーレスなのも潔い。メカニカル赤軸スイッチ採用。
メーカー製品詳細ページ



■東プレ
至高のキーボード。玄人FPSゲーマーに人気。
独特の柔らかいタッチ感で、長時間のプレイでも疲れにくいと評判。
メーカー製品詳細ページ




Amazonで人気・定番のゲーム向け液晶モニターをまとめてみました。


■ゲーミングモニター
24インチ、TNパネル、応答速度1ms、リフレッシュレート60Hz。
一般的なモニターと比べると残像&遅延はほぼ感じられないレベル。
メーカー製品詳細ページ


BenQ ZOWIEシリーズ ゲーミングモニター XL2411 24インチ/フルHD/144Hz/1ms
ベンキュージャパン (2016-10-07)
売り上げランキング: 304
24インチ、TNパネル、応答速度1ms、リフレッシュレート144Hz。
「とにかく勝ちたい!」 ガチFPSプレイヤーが選ぶガチモデル。
上位モデルにXL2430がありますが画質的にはほぼ同じ性能。使い勝手やデザイン性を求めるならアリかと。
メーカー製品詳細ページ(XL2411)
メーカー製品詳細ページ(XL2430)



27インチ、IPSパネル、解像度2560x1440、応答速度4ms、リフレッシュレート165Hz。
残像感は若干出るが、ゲーミングモニターの中では画質が抜群にいいハイエンドモデル。
メーカー製品詳細ページ




Amazonで人気・定番のゲーミングヘッドセットをまとめてみました。


■KingTop
3000円台で買える。低予算コスパ重視のライトゲーマー向け。



■LOGICOOL

エントリークラスのド定番モデル。
メーカー製品詳細ページ



LOGICOOLのフラグシップモデル。ワイヤレス(無線)モデルだが有線でも使用可能。
ゲーミングヘッドセットとしては一つの完成形。
メーカー製品詳細ページ
Logicool Gのワイヤレスヘッドセット「G933」レビュー。G633と音が違うフラグシップはさらに魅力的だった - 4Gamer.net



■SteelSeries

Siberiaシリーズのスタンダードモデル。
とにかく無難にいきたいならコレ。
メーカー製品詳細ページ



SteelSeriesの本気モデル。
メーカー製品詳細ページ
SteelSeries,ゲーマー向けヘッドセット新製品「Arctis」を発表。出力品質もマイクもデザインも同じで3モデル展開 - 4Gamer.net
SteelSeriesの新型ヘッドセット「Arctis 5」ファーストインプレッション。少なくとも出力品質は同社史上最高だ - 4Gamer.net



■Razer

Razerのフラグシップモデル。ワイヤレス(無線)。
マイク品質に少し懸念ありだが、トータルではハイクラス。
メーカー製品詳細ページ
「Razer ManO'War」レビュー。「遅延ゼロ」が謳われるワイヤレスヘッドセット,その総合力を明らかにする - 4Gamer.net



■Sennheiser Communications
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ 密閉型ゲーミングヘッドセット GAME ZERO 506064(N)
ゼンハイザーコミュニケーションズ (2015-08-13)
売り上げランキング: 5,694

密閉式で、FPS向けの音作り。
2万円台の有線モデルではベストバイ! Black版もあり。
メーカー製品詳細ページ
ゼンハイザーの白いゲーマー向けヘッドセット「G4ME ZERO」「G4ME ONE」レビュー。大ブランドの製品は何が違うのか - 4Gamer.net




Amazonで人気・定番のゲーミングマウスパッドをまとめてみました。


■SteelSeries

SteelSeries QcK mini(小サイズ:250 x 210 x 2 mm)

SteelSeries QcK(中サイズ:320 x 270 x 2 mm)

SteelSeries QcK mass(やや大サイズ:320 x 280 x 6mm)・・・厚め

SteelSeries QcK +(大サイズ:450 x 400 x 2mm)

SteelSeries QcK heavy(大サイズ:450 x 400 x 6mm)・・・厚め

ゲーミングマウスパッドのド定番。
一般向けのマウスパッドとは段違いの滑り具合。でも、しっかり止まる。
初めてゲーミングマウスパッドを買う時に迷ったらコレ。
メーカー製品詳細ページ


SteelSeries 3HD マウスパッド 63201
SteelSeries (2011-07-07)
売り上げランキング: 7,031
プラスチック製でめちゃくちゃ滑る。動きだしの初動が布系とは全く違う。プラ系は慣れれば肩こりが減るかも。
メーカー製品詳細ページ



■ARTISAN
ARTISAN 疾風乙 SOFT ジャパンバイオレットM HYO-SF-JV-M
ARTISAN (2015-06-10)
売り上げランキング: 14,415

国産メーカー「アルチザン」。多種多様なゲーミングマウスパッドを販売している。
紹介している”疾風乙”は滑り・止めのバランスがとれ扱いやすいモデル。
メーカー製品詳細ページ



■Corsair
幅93cmもある超ドデカ ゲーミングマウスパッド。キーボードごと上に置いてリストパッド代わりにする人向け。
メーカー製品詳細ページ




Amazonで人気・定番のゲーミングマウスをまとめてみました。


■LOGICOOL
LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s
ロジクール (2015-03-06)
売り上げランキング: 72

小さめの形状。買いやすいエントリーモデル。
メーカー製品詳細ページ
もしかして,何も変わってない? G300の置き換えとなるLogicool Gのワイヤードマウス「G300s」を使ってみた - 4Gamer.net


Logicool ロジクール G403 Prodigy 有線ゲーミングマウス G403
ロジクール (2016-10-20)
売り上げランキング: 746

かつての名機「IE3.0」のクローンモデル。かぶせ持ち派なら一度は試したい形状。
メーカー製品詳細ページ
「G403 Prodigy」レビュー。Logicool G初の「IE3.0クローン」は,完成度が非常に高い - 4Gamer.net


Logicool ロジクール ゲーミングマウス チューナブル G502 RGB
ロジクール (2016-02-26)
売り上げランキング: 431

近未来的デザイン。ド定番モデル。
メーカー製品詳細ページ
ロジクールのゲーマー向けマウス主力シリーズ最新作「G502」レビュー。伝統に背を向けた新デザインは吉と出るのか? - 4Gamer.net



ワイヤレス(無線)のゲーミングマウスでは最高峰。ちなみに お値段も最高峰。
メーカー製品詳細ページ
Logicool G渾身のワイヤレスマウス「G900」レビュー。「ワイヤードより速い」は本当なのか,テストで明らかにする - 4Gamer.net



■Razer

ゲーミングデバイスメーカーRazer社の主力モデル。デスクの上に置いてあるだけでサマになる。
メーカー製品詳細ページ
「Razer DeathAdder Elite」レビュー。ド定番マウスシリーズの最新作は,ゲーマーの期待に応えてくれるか - 4Gamer.net



■SteelSeries

小さめで左右対称。値段がお手頃。
メーカー製品詳細ページ


【国内正規品】ゲーミングマウス SteelSeries Rival 700 62331
SteelSeries (2016-07-22)
売り上げランキング: 10,456

「IE3.0」クローンモデル。側面の液晶ディスプレイがひときわ目立つ!
メーカー製品詳細ページ
振動するゲーマー向けワイヤードマウス「SteelSeries Rival 700」ファーストインプレッション - 4Gamer.net





「マウスを握る指が滑って、ワシの真の実力が出せん!」という人にはGRiPhone Long Bitsがオススメ。


マウスと指が当たる部分に、適当なサイズを切って貼ると、あら滑らない!
地味ですが、すごーく効果があるので「ワシの手に合わんマウスや。買い換えじゃ!」となる前に、お試しください。




そういったPCゲーミング環境の見直しにあたって、計画に含めることを筆者が強くオススメしたい要素がある。
マウス周りの環境整備だ。「マウス/マウスパッドを変えただけで世界が変わった」と人は言う。
それぐらいマウスがゲーミングに与える影響は大きい。それに合わせて良質のマウスパッドを使用すれば、
グラフィックカードやCPUをアップグレードするよりもずっと安価に、さらなる快適さと楽しさを手に入れられる。
抜群の費用対効果であり、いの1番に攻めておきたいアップグレードポイントだ。

【連載第19回】「佐藤カフジのPCゲーミング道場」 最新ゲーミングマウス・マウスパッドカタログ【2009冬】 - GAME Watch

最近発売されたゲーミングマウス8種類、マウスパッド5種類の各製品を簡単に紹介してくれています。
購入を考えている人は参考にしてみてはどうでしょうか。

steelseries Xaiを12日間使ってみての使用感レビュー。
ソフトウェア設定は解像度400cpi、ポーリングレート125Hz、Exact Aim 0、Free Move 0、Acceleration 0。
マウスパッドはDHARMAPOINT DRTCPW40Sで主に使用。
普段は かぶせ持ち、FPSゲームをする時は つかみ持ち。

SteelSeries Xai レビュー その1 『詳細画像』
SteelSeries Xai レビュー その2 『ソフトウェア』


たまにsteelseriesのロゴマークに対してデジカメの顔認識機能が作動します・・・。

■SteelSeries Xai Laser スペック
・秒間12.000フレーム(FPS)
・毎秒150インチ(IPS)
・毎秒10.8メガピクセル
・1インチあたりのカウント数:100 - 5.001カウント(CPI) ※CPIを1単位で調整可能
・最大アクセラレーション: 30 G
・センサーデータパス: True 16 bit
・リフトディスタンス: ~1mm (自動調整)
・ボタン数: 8 (プログラム可能なボタンは7)
・コード長: 2 m (布巻き)
・ポーリングレート: 125 - 1000 Hz (1Hz毎に調整可能)
・金メッキ加工済みUSBコネクター
・サイズ: 125,5 x 68,3 x 38,7 mm
・CPI High/Low インジケーター
・ドライバレス、プラグアンドプレイ対応
・128 x 32ピクセル、グレイスケール
・対応OS: Win XP/Vista/Win 2000/ Mac OS
*設定ソフトはWindows OSでのみ動作可能となっています。
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
Copyright (c) NEXON