SIGMA GMKB109BK レビュー

ここでは、「SIGMA GMKB109BK レビュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
amazonで高評価の”SIGMA GMKB109BK”をレビュー用に買ってみました。
今まで使っていたキーボードと配列・形状が似ていてすんなり使えたので試用期間は3日間とキーボードにしてはかなり短めです。


■製品仕様
【コネクタ形状】USB(A type)、PS/2(ミニDIN6pinオス)
※付属コネクタにて変換 
【インターフェイス】USB 1.1準拠
【キ ー 数】日本語109キー(日本語配列)
【キーピッチ】19mm
【キーストローク】3.9±0.5mm
【動 作 力】50±20g
【キー耐久性能】約500万回<部品単体での耐久性能>
【消費電力】DC 5V ±5%、100mA (max)
【ケーブル長】約1.6m


内容品はキーボード本体、USB→PS/2変換コネクタ、取扱説明書。



スタンダードなキー配列。
右上にあるLEDインジケータの色はイエローグリーン。
キーボードの重量は670g(ケーブル含む)。持ち上げてみるとかなり軽く感じる。


裏面。
滑り止め用のゴムはキーボード下側2カ所とチルトスタンドの先の2カ所の計4カ所。
チルトスタンドを使わないと滑り止めは2カ所のみになる。
重量も軽いので少しハードな操作をすると簡単にズレてしまう。


キートップを外したところ。
スペースバーは金属棒をクッションに使っており他のキーと若干違った打鍵感になっています。



■打鍵感
廉価メンブレンキーボードでよくあるペコペコ感がしますが芯のしっかりしたタッチなので嫌な感じはしないです。
キーの端を押しても真っ直ぐ押下出来るのでグラついたりキシんだりしません。
今まで触ってきたメンブレンキーボードの中では好きなタッチの部類です。
キーを押した時の認識位置は約3.5mmぐらい。
キーストロークは2段階あり軽く押す分には4mmぐらいで止まるが、そこからぐぐっと力を入れて押すと更に1mmほど沈みます。
実際に使っているとRealForceやマジェスタッチに比べて変に浅く感じます。
打鍵音はかなり静かな方だと思います。


■キー配列
なんの色気も素っ気もない配列です。
でもこういう配列が一番好きです。普通に使いやすいです。
Windowsキーは無い方がゲーマーに喜ばれるでしょう。


■ゲームでの使用感

GMKB109の売りである「複数同時認識」
USB接続にてキーボード日記で複数同時押しを試してみましたが対応エリア内ではどんな組み合わせでもきちんと6キーまで同時認識されました。
しゃがみながらC4を解除しつつスコア表を確認、斜め移動しながらジャンプと同時に武器変更、
歩きながら前進しつつラジオチャットなどといった複数のキーを同時に押す必要のある場面で役立つでしょう。
エリア外である1~5の数字キーを含めても6キーまで同時認識を確認。
WASD派のFPSゲーマーは同時押しに困る事はまず無いんじゃないでしょうか。
少数派ですがESDF派の為にT・G・Bキーもエリアに含めると良かったかも。
対応エリア外では同列だと5キーまで対応する組み合わせもありましたが縦配置だと2キーまでの所もありました。
ちょっと気になったのが1・T・GなどWASDから少し遠目のキーを押す時に
キーの認識位置までストローク出来ずきちんと押せていない事がよくありました。
RealForceやマジェスタッチでは押下2mmほどで認識するので癖で浅めのストロークになっていたみたい。
ステップスカルプチャのキー並びではないので少し押しにくいというのもあると思います。
まぁしばらく使い込んで慣れてしまえばどうと言う事はないでしょうが。


■まとめ
『シンプルでスタンダードなメンブレンキーボードにエリア限定の複数同時認識機能を付けた』という非常に分かりやすいキーボード。
”FPSゲーマー向けの廉価キーボード”という他に類を見ないキーボードなので存在価値は非常に高いです。
「ゲームの為だけに高価なキーボードなんて無理!安くてゲーム向きなの無いの?」
というライトゲーマーの期待に応えた製品。
PC付属キーボードからのステップアップにGMKB109BKは良い選択肢だと思います。


シグマAPO エリア限定 複数同時認識対応FPSゲーマー向け109キーボード ブラック GMKB109BK
シグマA.P.Oシステム販売 (2008-01-21)
売り上げランキング: 561
おすすめ度の平均: 4.0
4 購入しましたっ!
3 ウーン
1 自分には合いませんでした
4 オススメ!
5 安くて使い心地抜群




欲を言えば・・・
・複数同時認識エリアをESDF派にも対応
・キーボード本体の重量を1kg程度に増量
・滑り止めのゴムをキーボード上隅2カ所にも配置
・キー並びをステップスカルプチャー
・Windowsキー省略
・左CTRLサイズアップ
・デスクスペースを稼ぐべくテンキーレス

以前、ダーマポイントさんに「GMKB109をベースに、よりゲーマー向けへとブラッシュアップしてみたらどうですか?」と
簡単な製品提案をさせてもらったのですがこんな感じで如何でしょうか。
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。