ヘッドセット”DRTCHD12BK” レビュー

ここでは、「ヘッドセット”DRTCHD12BK” レビュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DHARMAPOINT DRTCHD12BKのレビュー第2弾。
第1弾「製品の詳細写真と外観上のレビュー」

借りてきたDHARMAPOINT DRTCHD01BKとの比較をメインで進めていきます。
エージングは100時間ほど。


左側がDRTCHD12BK、右側がDRTCHD01BK。

■DRTCHD12BK製品仕様
【ヘッドホン】
プラグインパワー対応マイク入力端子・Phone出力端子を持つPC/AT互換機(DOS/V機)
※Macintoshには対応いたしません
形式:密閉ダイナミック型
ドライバユニット:φ40mm
インピーダンス:50Ω
感度:100dB. ± 3dB
定格入力:13mw
許容入力:1000mW
再生周波数帯域:20Hz―20KHz
重量:約200g(本体のみ)
ケーブル長:約1900mm

【マイクロフォン】
タイプ:コンデンサータイプ
インピーダンス:2.2KΩ以下
正面周波数特性:30Hz – 16KHz
感度:-47dB±3dB AT 1 KHz (0 dB=1V/μ bar)RL:2.2k

ヘッドバンド調節部を最大にしたところ。
DRTCHD01BKはノッチがハッキリしていますが、DRTCHD12BKはノッチが曖昧なところがあり好みのポジションに止めるのが少し難しい。
自分が使用する場合は中央あたりに調節して使っていました。
ハウジング素材はプラスチック。


イヤーパッド比較。
DRTCHD12BKの方が面積がかなり小さいですが、クッションの高さはDRTCHD01BKより若干高いです。



500円硬貨を使ってのイヤーパッドの大きさ比較。
イヤーパッドの合皮材質はDRTCHD12BKの方が若干柔らかく肌触りが良いように感じました。


ケーブル比較。
DRTCHD01BKは標準的なヘッドセットのケーブルぐらいの太さですが、DRTCHD12BKはIE3.0のケーブルぐらい太いです。
DRTCHD01BKはマイク周りのトラブル事例があったようなのでそれの対策でしょうか。
長さが1.9mと少し短めなのであと50cm長くてもいいように思います。



■装着感
初期状態では側圧が結構強めですがヘッドバンド部の芯材を手で曲げて側圧を自分好みに変えられました。
メガネをかけていますが側圧を減らせばあまり気にならないレベルです。
ヘッドセットの重さは200gと軽量なので気になりません。
ハウジング&イヤーパッド部がかなり小さいので耳が全て入りきらず耳たぶの付け根あたりがパッドに挟み込まれました。
それでも1~2時間程度の使用では問題無いのですが連続3時間以上ともなると耳たぶが痛くなってきます。
ちなみに今まで耳は大きいとも小さいとも言われた事が無いので標準的な耳の大きさだと思います。
耳たぶ付近が若干浮くせいでハウジングの角度調整が微妙に動いてベストフィットのポジションで長時間キープをしにくいです。
遮音性もそのせいで少し落ちておりDRTCHD01BKよりも外部から聞こえる音が大きかったです。
長時間使用時には密閉型ヘッドホン特有の蒸れが発生します。


■ゲームでの音質
ヘッドセットケーブルをサウンドカード(X-Fi DA)に差してサドンアタックをプレイ。
低インピーダンス&感度が良いので音量が少し大きめに出ます。
音質は癖のない綺麗なフラット。篭もり感もほぼ無し。
DRTCHD01BKと比べると音密度が濃く、響きが少なくタイト、解像度がより高く、音を前面に押し出してきます。音場がやや狭いのは一緒です。
定位は良く、高音域もよく出るので足音・効果音がDRTCHD01BKよりも少し分かりやすく感じます。


■マイクの音質
いつも通り自分の声をWAVEで録音してから、それを再生して聞いてみました。
全体的に微細なチリチリノイズが乗るのですがDRTCHD01BKと比べるとノイズの1つ1つが小さくなっていました。ケーブルが太くなった影響でしょうか。
不自由なく会話が出来るマイク音質です。
吐息を拾っての風切り音はほぼ感じませんでした。
指向性ですがマイクを上げた状態でもそこそこ音を拾います。
マイクブースト(+20db)はONでないと音量をとりにくかったです。


■映画/音楽での音質
「いやー 5000円台でもこんな音が出せるんですね。」という高音質。
DRTCHD01BKよりも帯域バランスが良く全体的にタイトでノリが良いので、スピード感のあるRock・テクノなどに合います。映画も十分入り込め楽しめました。
その他のジャンルもそつなく聴けますが艶やかな響き、音の広がりが欲しい曲にはあまり向かないです。
低音域に若干濁りがあるのと量感が少し乏しいのが惜しいですが値段を考えれば仕方なし。
全体的に音の主張が強いので聴き疲れしやすい傾向にありますがSteelSeries 5H v2ほどでは無く許容範囲内です。


■総評
値段に対しての評価 満点は100点
・デザイン 88点(廉価ながらゲーミングヘッドセットの雰囲気が出ています)
・装着感 71点(イヤーパッドのクリアランスが狭すぎる)
・ゲーム 95点(どんなゲームでも、どんと来い)
・マイク 85点(普通に良いです)
・映画/音楽 95点 (好きです、この音)

DRTCHD01BKは発売当初8800円だったのでDRTCHD12BKは約3000円安いエントリーモデルとなりますが、
音はDRTCHD12BKの方が聞きやすい・好きと感じる人が多いような気がします。
装着感が非常に残念。耳が小さめの人にはかなりオススメできるゲーミングヘッドセットです。
この高音質を作り出す為に付属品や余計な装飾を省いて、ドライバーユニットにコストを集中したんじゃないかと思えるほど音質のコストパフォーマンスが高いです。

シグマAPO DHARMAPOINT タクティカルヘッドセット ブラック DRTCHD12BK
シグマA.P.Oシステム販売 (2009-08-21)
売り上げランキング: 3600
おすすめ度の平均: 5.0
5 コストパフォーマンスが..
5 満足です。
4 初めてのゲーム用ヘッドセットには最適
5 絶対損はしません
5 最高
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このサイトのレビューを参考に前のDRTCHD01BKを購入しましたが、ぶっちゃけどっちが良かったんでしょうな・・・
2009/09/12(土) 22:20 | URL | 名も無きNOOB #AoaTtQlQ[ 編集]
うーん・・。どれを買おうか悩みますな
2009/09/13(日) 03:02 | URL | 名も無きNOOB #-[ 編集]
へたさんのレビューを読むに、(音の出かた等で)
12BKはポータブルヘッドフォンのような特性、
01BKはオーディオ用ヘッドフォンのような特性
と言う解釈はあってるのでしょうか・・・?
2009/09/13(日) 10:48 | URL | 128 #Cz2.yX4E[ 編集]
DRTCHD01BK持ってますけど、マイクが固定じゃないので、マイクとヘッドフォンをつなげる付け根のでっぱりの部分が削れたり・・・マイクが動くので、最近はマイクも使い物にならないし音は片方しか聞こえないって現状です・・・欲しいです・・・DRTCHD012BK欲しいです・・・欲しい・・・
2009/09/13(日) 10:50 | URL | 戦闘兵 #-[ 編集]
12BKを買おうと思ってるのですがやっぱりイヤーパッド部分の大きさが気になりますね。
手のひらやタバコとかで大きさを比較して欲しいです。
2009/09/13(日) 22:10 | URL | LaughMaker♪ #-[ 編集]
Hetal1tyさんはエージングは何を使ってエージングしてるんですか?
僕はピンクノイズをCDに入れて聞かせてますが・・・
2009/09/14(月) 19:12 | URL | Hide #-[ 編集]
比較ありがとうございますm(_ _)m
早速買ってきましたw自分にはあまり小さくはありませんでした。かなり気に入ってます
2009/09/15(火) 20:03 | URL | LaughMaker♪ #-[ 編集]
買ってきました。
やはりイヤーパッドが小さいのか、2時間ほどつけると
耳が痛くなりますね。それとコード短い・・。
まあこの値段でこの性能なら満足ですね
2009/09/18(金) 22:05 | URL | 名も無きNOOB #-[ 編集]
先日買いました
1週間ほど使っての感想ですが買ってよかったと思ってます。 音いいですね~3時間ぐらいつけると痛くなりますが。。
2009/10/27(火) 18:19 | URL | どる #-[ 編集]
楽天で安かったので買ってきました。
凄く気に入ってます。
2010/01/13(水) 21:27 | URL | 名も無きNOOB #wkPGi8fM[ 編集]
アマゾンで注文してきたーー
届くのが楽しみ♪
2010/01/15(金) 20:29 | URL | 名も無きNOOB #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
Copyright (c) NEXON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。