練習モードと通常モードでのグレネードの違い

ここでは、「練習モードと通常モードでのグレネードの違い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「練習モードで出来た壁越しグレが通常モードだと出来ません ><」といった類のメールが数件届きました。
確認してみると確かに緻密な精度を要求する壁越しグレは、壁越しグレ動画の通りにやると出来ないようです。
と言う事で検証動画を撮ってみました。

1.バーニングリバーの中央で決まった地点から決まった位置に向かってグレネードを投擲
2.プロバンスの中央通路での緻密な壁越しグレを投擲
両モードで試し、その後3倍スロー再生にしています。

■動画

※エンコード失敗で少し音ズレしています。

バーニングリバーでの投擲距離に関してはほぼ同じ地点で爆発していました。
プロバンスの壁越しグレは10回ほど試しましたが、通常モードでは成功動画の通りにやっても1回も成功しませんでした。
軌道については練習モードで横からグレネードの軌道を見る事は不可能なので確認できていません。
この検証動画で分かったのは「練習モードと通常モードで何か僅かな違いがある」と言う事ぐらいでしょうか。

日本版サドンアタックはグレネードの爆発範囲が韓国版より狭くなっているといった独自仕様があるので
もしかしたら韓国版とグレネードの軌道が微妙に違うのかもしれません。
で、最近実装された練習モードだけ韓国仕様の軌道になっているという線が濃厚のような気がします。
韓国版サドンアタックで、プロバンスの緻密な壁越しグレが動画の通りにやって成功すれば仮説は当たっていると思います。
韓国版サドンアタックをプレイできる方は確認をお願いします。
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。