『DHRAMAPOINT DRTCM15』 写真レビュー

ここでは、「『DHRAMAPOINT DRTCM15』 写真レビュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DHARMAPOINTさんから新発売のマウスDRTCM15をレビュー用として製品提供して頂きました!
これでDHARMAPOINTさんから製品提供して頂いたゲーミングデバイスは5つ目。ありがたいこってす。

まずはいつもの写真レビューから。


リリース写真で青が鮮やかに映っていたのでカラーはミッドナイトブルーを希望しました。


内容品はマウス本体、オペレーションマニュアル(取扱説明書)、ソフトウェアCD、保証書(保証は1年間)、
サドンアタックのクーポンコード、スペアのマウスフィート1セット。

■色々な角度から

いかにもミッドナイトブルーといった色。メタリックブルーを少しくすませたような感じです。
照明の角度・強さによってはメタリック感がよく出ます。








上面の側部・後部をU字に黒いラインが流れていますが、DRTCM0x系の上面を縁取っていたラインと同じ素材のようで、
掌の滑り止め効果を生んでいます。
メタリック塗装が施されている部分は特に滑り止め加工らしきものはされていません。


マウスフィートの厚さはDRTCM0x系と同じようで0.2~0.3mm程度。
マウス底面にはチルトホイールをON/OFFできる機械的な仕組みのスイッチと、
ソフトウェアで設定したプロファイルを順に選択できるMODEボタンがあります。
そして大きな特徴としてセンサーの位置が中心付近ではなく右上にあります。


ホイールにはタイヤのトレッドパターンのような溝加工がされています。
ケーブルはマウス中心より少しズラした位置から伸びています。


側面はDRTCM01で採用されていたドライサンド(細かい粒々)の滑り止め加工がされています。
サイドボタンの位置・形状はIE3.0のものに似ています。


ケーブルは布巻でDRTCM02のものより少し細いですが、クセがつきやすくなっています。


通電時のCPIインジケーター部。
一番奥側にあるLEDは約5秒間隔で緩やかに点滅します。
青色LEDはCPIの設定レベルを表し常時点灯(4段階)。






マウス底面にあるMODEボタンを押すと一番奥側にあるLEDの色が変化します(5種類)。

■IE3.0、DRTCM02と並べて








『DHRAMAPOINT  DRTCM15』 レビュー
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。