画面解像度による違い

ここでは、「画面解像度による違い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
640*480、800*600、1024*768、1152*864、1280*1024、1600*1200と
6種類の解像度がオプションで用意されていますが
これらの違いによってグラフィックにどのような変化が出るかテストしてみました。
1600*1200は使用モニター上で選べないので割愛。


 
○テスト条件
オブジェクトが多い第3補給倉庫の倉庫内にて、ほぼ同じ立ち位置&角度で撮影。
演出オプションは全て同じ。比較画像はJUGEMブログの要領の都合上で横500pixサイズに縮小。
使用モニターの解像度は1680*1050。ドライバ側でアスペクト比固定。

















原寸大画像が掲載できればジャギー(グラフィック上のギザギザ処理)の具合が分かると思うんですが、うpが100KBまでしか出来ないです。
で、ほとんど見た目の変わらない比較画像になってしまいました。
実画面を見ての感想としては高解像度になるにつれ細部のディテール感は多少上がっていきます。
でも普通にプレイする分には800*600 or 1024*768で十分だと感じました。
(実際Hetal1tyは800*600でプレイしています。HSをガンガン狙っていくなら高解像度の方がいいんだろうか・・・?)

解像度を上げるにつれTABキーを押したときのスコア表が大きく、そしてクロスヘアが小さく表示されるようになります。
クロスヘアが小さく表示されることで、よりマウスを精細にコントロールできそうです。
解像度の違いによってマウス センシティビティに違いは出ませんでした。
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。