FPS環境

ここでは、「FPS環境」 に関する記事を紹介しています。
FPS(First Person Shooter)はコンマ数秒の反応の遅れが致命的になるスポーツテイスト溢れるゲーム。
ライトFPSであるスペシャルフォース、サドンアタックでも、それは大体当てはまるわけで。
そんなFPSに適した環境にするアイテムをいくつか紹介。



■ヘッドホン
スピーカーでFPSをやると迫力はありますが、なかなか敵や味方の位置が把握しにくいです。
その点、ヘッドホンは足音・銃声・手榴弾などの細かな音の情報を余すことなく拾ってプレイヤーに届けてくれます。
音の定位感にも優れ、どの方向・近い・遠い・高い・低いなども分かりやすく非常に戦いやすくなります。
イヤホンでも同様の効果がありますが長時間着けていると耳が痛くなってくるのでヘッドホンがオススメです。
クランや仲間内でTS2(Team Speak2)を利用しボイスチャットしながらプレイする予定があるなら.Audio350
TS2を使わないならATH-A500ATH-AD300などが、装着感が良くコストパフォーマンスも高いのでオススメです。

.Audio350 ATH-A500 ATH-AD300


■マウス
格安マウスでもプレイできますが、しっかりした作りのマウスを使うと本当にストレスなくaim(照準の狙い)が出来ます。
高解像度や高ポーリングレートなどのマウスが最近ではもてはやされていますが、
実際は低いものでも精度自体はほとんど変わらないです。
世界的に人気のあるFPS「カウンターストライク(CS)」のプロゲーマーの中でも
解像度が400dpiしかない数年前発売のマウスIntelliMouse Explorer 3.0が人気だったりします。
マウスで肝心なのは自分にとって持ちやすく使いやすいか、という点ぐらいです。
あとはサイドボタンの数・配置、ホイールの感触などが続くぐらいでしょう。
なるべく店頭でマウスを実際に手にとって確かめてから買った方がいいです。

IntelliMouse Explorer 3.0 DHARMAPOINT Tactical Mouse


■マウスパッド、マウススケート
せっかく使いやすいマウスを持っていてもパッドが悪いと
引っ掛かったり予想外の摩擦でズレが起きたりと思い通りのaimが出来ず実力が発揮できないです。
サイズが大きめのゲーム専用マウスパッドなら摩擦も少なく気持ちよくマウス操作しやすいです。
マウススケート(マウスの接地面)もテフロン素材などに変更するとマウスがスルスル滑ってくれるようになります。
東京秋葉原にある通販ショップ「ark」がゲーマー向きのデバイスを多数揃えています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
Copyright (c) NEXON