グレネードの投げ方による飛距離の違い

ここでは、「グレネードの投げ方による飛距離の違い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知らない人も多いみたいなので、第3補給倉庫 Bロングを使って検証。

 
直立状態から、垂直ジャンプから、助走から、助走ジャンプから(リリース早め)、助走ジャンプから(リリース遅め)
の5種類の投げ方で飛距離の差を見てみました。




直立状態がデフォルトとすると、垂直ジャンプはジャンプした分だけちょっと遠くまで届きます。
助走からだと助走距離分だけ遠くに届いています。
助走ジャンプからだとリリースポイント次第で飛距離が全然変わってきます。
リリースポイントが遅いほどグレネードの投擲速度が上がり、飛距離も伸びます。

またジャンプ中は移動キーによる影響を受け、Wキー(前進)を押しながらだと飛距離が伸び、
Sキー(後退)を押しながらだと飛距離が短くなります。

このように投げ方によって飛距離が変わってくるので状況によって使い分ける必要性があります。
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。