ダーマポイント DRTCPW40Sマウスパッド インプレ

ここでは、「ダーマポイント DRTCPW40Sマウスパッド インプレ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DHARMAPOINT Tactical Pad ソフトタイプ DRTCPW40Sを3日間使ってのインプレ。
メインで使っているマウスパッドSteelPad QcK mass(以下SteelPad)との比較が主。
使用マウスはIE3.0(Hyperglide付)、ややローセンシ。

■雑感
・パッドの方向性としてはSteelPadによく似ていて、滑り・止めどちらも似たような性能です。

・SteelPadよりもパッドに弾力性があり、マウス操作する時に手の支点を置いていても疲れにくい。
 パッドをかなり強く押すとそこが凹むが、時間と共にゆっくりじんわり戻ってくる。(低反発ウレタン)

・ゲームをしていてマウスパッドからマウスがはみ出るようなことは、まずないであろう大きさ。(W400×D300×H7mm)
 実際ゲーム中にマウスがはみ出てしまうことは無かった。
 大きさを分かりやすく言うとA4ノート2冊分。

・裏面のグリップ力はSteelPadと同程度。
 大きさも相まってゲーム中にズレたりすることは一度もなかった。

・表面素材は光沢感があり、いかにも化学繊維っぽい。(ナイロン素材)

■まとめ
「SteelPad QcKシリーズ」をかなり意識して作られたであろうマウスパッドという感じがしました。
実際、使った感じは結構似ています。SteelPad QcKシリーズのユーザーならすんなり移行できると思います。
滑り重視ならSteelPad、止め具合はほぼ一緒といった印象です。
癖が無く、どこかが特化しているという感じではないので万人に勧められます。非常に扱いやすいマウスパッドです。
デメリットとしては丸めたり、折り曲げたりすると裂け・割れが生じるらしいのでLANパーティなどで持ち運ぶ時は注意が必要。
あとは「置ける場所(デスクスペース)があるか?」というのが最大の問題点になってきそうです。



■追記
DRTCPW40Sを1年半以上使ってみましたが滑り・止めの感覚は新品時と比べてほとんど変わらないように感じます。
steelseries QcKは劣化がわりと早く、滑り性能が徐々に衰えてくるのが難点ですがその点でDRTCPW40Sはかなり優秀です。
湿気にも強いので常に安定した環境を提供してくれるマウスパッドです。
 
シグマAPO DHARMAPOINT Tactical Pad ソフトタイプ DRTCPW40S
シグマA.P.Oシステム販売 (2008-01-25)
売り上げランキング: 7352
おすすめ度の平均: 4.5
3 万能なのですが
5 満足
4 安くていい
4 変わった質感
5 素直な特性に感嘆


シグマAPO DHARMAPOINT Tactical Pad ソフトタイプ DRTCPW30S
シグマA.P.Oシステム販売 (2008-06-13)
売り上げランキング: 4350
おすすめ度の平均: 4.5
5 こういうパッドが欲しかった
4 すばらしい
5 初めてのゲーミングマウスパッド
5 非常に良い
4 悪くない!




ダーマポイント マウスパッド ”DRTCPW40S”を使いだしてから半年
ダーマポイント DRTCPW40Cマウスパッド インプレ

2009.12.12 記事修正
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。