GPUドライバの設定

ここでは、「GPUドライバの設定」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
使用しているグラフィックカードはPalit GeForce 8800GT(512MB) 通称ケロロ
ドライバはForceWare169.02(公式ドライバ)

GPUドライバの設定
ゲームのカスタムセッティングといえばココ。
「3D設定の管理」ですが、今は特に何もいじっていません。
ここからサドンアタック、スペシャルフォースといった、ゲーム内オプションからアンチエイリアスをいじれないゲームでもONにすることができます。(重いです)
BF2をやっていたころは異方性フィルタリングを16倍に設定してグラフィックを見やすくしていました。



「フラットパネルスケーリングの変更」
ドライバ側でアスペクト比固定拡大機能を使っているので”固定された縦横比のNVIDIAスケーリングを使用する”に設定しています。



「デスクトップカラー設定の調整」
デスクトップ画面だけの調整かと思いきやゲームのフルスクリーン画面でも適用されます。
RTS時代からデジタルバイブランス(カラー分離&カラー濃度の設定)を0→30%に上げています。
これに慣れるとデフォルト状態(0%)は色褪せて味気ない画面に感じます。
ガンマはいじっていませんが、真っ暗な場面が続くようなゲームだと
デスクトップのアイコンからガンマを設定値に変更できるツールを使うことがあります。
簡易ガンマ値設定ツール


説明していない他の項目は全てデフォルトのままです。
あとはRivaTunerでprerender limit(先読み描画)を1に設定しています。(0だと稀にブルースクリーンになる)
60fps以上表示できない液晶モニターなのでVsync(垂直同期)はAUTO(ON)にしています。
(ちょっと調べてみたら1024*768前後の解像度ならリフレッシュレート75Hzも可能でした)

PCスペックがいまいちだった時はMODドライバを使ったり、出来るだけ軽い設定にしたりしていましたが、今では御覧の通りほとんどいじっていないです。
etc | コメント | 
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。