IE3.0マウスをメーカー保証で交換

ここでは、「IE3.0マウスをメーカー保証で交換」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月25日(金)
Microsoftカスタマーインフォメーションセンターに電話。
電話内容は「どんな症状か?」と聞かれ「左クリック部分のチャタリングです」と返答。
あとはマウス底面のP/N&PIDを言ってサポート登録みたいなものをして、
次の電話案内係の人に回され名前・住所・電話番号を言っておしまい。
その後、マウス製品箱の底にある保証書をコピー後、名前・住所を書いて一緒にFAXで送付。
保証書は未記入で、買った時のレシートも紛失してしまっていましたが、
P/N&PIDから製造時期を割り出してメーカー保証を受けることが可能でした。

4月29日(火)
Microsoftの元払いで新品のIntelliMouse Explorer 3.0が到着。
同梱されていたのはマウス本体、PS/2変換アダプター、お詫びの用紙1枚。

IE3.0


現物を確認しないで、レシートも無しで新品を送ってきてくれる・・・。
なんという神サポート・・・!
しかし、ここで話は終わらない。

使い古されたIE3.0と新品のIE3.0を見比べてみると、
「ん?なんか微妙に色がちが・・・いや全然違うっ!?」


左:送ってきてくれたIE3.0
右:今まで使っていたIE3.0

どうやら旧型IE3.0を送ってきてくれた模様。
復刻版との違いはマウスの色、フレームレート(旧6000fps、復刻9000fps)の2点。
まぁ、いまデスクトップ作業で試してますが違いはほとんど感じないので良しとしてます。

久しぶりにノーマルのマウスソールの滑りを味わってみましたがダーマポイントのTactical Pad ソフトタイプのマウスパッドだと
滑り不足をあんまり感じなかったです。スルスル動く。新品だからかな?
hyperglideのマウスソール無しでもいけそうでしたが一応装着。

後日、今まで使っていたマウスをMicrosoftに発送しないといけないそうですが、その際も着払いでいいとの事。
さすが、儲かっている企業は違う。


追記:
Microsoftカスタマーインフォメーションセンターに再度問い合わせをしたところ、送ったマウスは復刻版IE3.0とのこと。


製品情報・サポート - msmouse
etc | コメント | 
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。