ダーマポイント DRTCM01BK マウス インプレ

ここでは、「ダーマポイント DRTCM01BK マウス インプレ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dharmapoint DRTCM01BK
DHARMAPOINT Tactical Mouse ブラック DRTCM01BKを3日間使ってのインプレ。
マウスパッドはDRTCPW40Sを使用。
解像度400cpi、ポーリングレート125Hzで主に使用。
Hetal1tyのスペックは日本人 成人男性の平均からすると手はやや大きめ、指も若干長め。(手首から中指の先まで20cm)
普段は かぶせ持ち、FPSゲームをする時は つかみ持ち。

■仕様
解像度(CPI) 400~3200(100単位)
ただし、ハードウェア解像度は400,800,1600,2000
スキャンレート(fps) 7080
最大認識速度(インチ/秒) 45
最大加速度(G) 20
リフトオフディスタンス(mm) 調整可能
レポートレート(Hz) 125~1000
データパス(ビット/軸) 16
ボタン数 8+チルト(計10)
割り当て可能ボタン数 4+チルト(計6)
ホイール感度(カウント/周) 24
インターフェース USB
本体サイズ 115mm (縦) x 63mm (幅) x 42mm (高)
本体の重さ(g) 110(ケーブル込み公式) 約91(本体のみ)
DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM01) - forPCActionGamer Wiki*より
 
■雑感
・グリップするところが両サイドともに深くえぐられているので持ち上げやすい。
 横幅が小さく感じるがグリップ自体はしやすく、小さい粒々(ドライサンド)の効果でズレにくい。

・自分もそうですが、ややマウス前方にシフトして手を置く人の場合、
 左/右クリックのスペースがあまりないので、かなり指を立てる必要がある。
 IE3.0のようにマウスの端まできっちりボタンがあれば良かった。

・重量は軽め。低重心で前後に偏りはない。

・左側面にあるサイドボタンの位置、クリック感は良くできていて使いやすい。

・自分の持ち方では大丈夫でしたが、右側面にあるMODEボタンはマウスの持ち方によっては誤って押してしまいそう。
 
・ホイール回転のノッチ間隔は狭め、1ノッチずつハッキリ分かるタッチで使いやすい。

・ホイールのクリックは堅め。

・チルトはホイール操作中に誤って押してしまうようなことはなく、自分の意志できちんと使える。
 (キー割り当てをしてゲーム内でも普通に使えるレベル)

・ケーブルは細くて柔らかく操作の邪魔になることはまず無かった。
 これからのゲーミングマウスはこのケーブルに全て変えてもらいたいぐらいの会心の出来。

・マウスフィートはテフロン製で、IE3.0のhyperglideと同等クラスの滑り/止め感覚。重量が軽い分やや滑りやすい。

・リフトオフ・ディスタンス(マウスを設置面から離してカーソルが動作しなくなる距離)が他のマウスに比べ長い。(約3mm。IE3.0は約1mm+hyperglide)
 この3mmがキャラの向きを大きく変える場面でマウスを高めに浮かせないとダメなので何度も浮かせる必要のあるローセンシ プレイヤーには苦痛。慣れないと普段のaimにもモロに影響。

・400~3200cpiまで段階的に解像度変更できるがCQB系FPSでは400cpi固定で十分でした。

・ポーリングレートのデフォルトは500Hzで、そのままサドンアタックをプレイすると波打ち現象が発生。
 オプションから125Hzに設定すると波打ちは無くなった。

・センサーはレーザー方式ですが微細な操作でもきちんと拾ってくれました。
 素早い操作でも欠損がなく光学式と何ら変わりは無い感じです。

・3種類のマウスのボタン割り当て&スクリプトをMODEボタン(”ホイール+右クリック長押し”に変更可能)で切り替え可能。
 ゲーム別にマウスのボタン割り当てを変えたい人にはいいかもしれない。


■まとめ
正直、手が少し大きめの自分には小さく感じました。
かぶせ持ちでプレイすれば持てなくもなさそうですが、IE3.0のつかみ持ちに比べると慣れてないせいもありますが操作の精度が落ちました。
やはりメーカーが謳っているように手が小さめ~平均ぐらいの人に合わせて作られている感じです。
手が大きい人にはあまり向かないでしょう。(つまみ持ちなら問題ないと思います。)
他にはリフトオフ・ディスタンスの長さがかなり気になりました。
でも次のver0.44のファームウェアでリフトオフ・ディスタンスの調整が可能になるとの事。
あとはまだ使っていないですがスクリプト(マクロ)機能がかなり充実しているらしいです。



■IE3.0との大きさ比較







■インジケーター



青いLEDは解像度(4が最高値)。
黄、橙、赤をMODE別に表示。
光量は派手すぎず地味すぎず。



DHARMAPOINT Tactical Mouse ブラック DRTCM01BK
シグマA.P.Oシステム販売 (2008-01-25)
売り上げランキング: 462
おすすめ度の平均: 4.0
3 慣れが必要
2 意外にもカスタマイズ性が低い
4 すべてのゲームでキーバインド可能
4 やっと来ましたw
4 注文したけど・・
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。