オンラインゲームにおける バグと仕様の違い

ここでは、「オンラインゲームにおける バグと仕様の違い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”バグ(不具合)”と”仕様”の違いが分からない人がいるようなので少し説明をば。

仕様とは、制作者側が想定した方法・手段・設計など。
バグとは、制作者側が想定していない方法・手段・設計など。


オンラインゲームの中ではそう捉えられている事が多いです。
例えばサドンアタックでは、
しゃがみジャンプでは微妙に高さが足りないオブジェクトへ、スクリーンショット撮影キーを連打して乗るのは
通常プレイの操作上ではありえない行為で、制作者もそういった事は想定して作ってはいないのでバグ利用となる。
壁や隙間にひっかかってジャンプを繰り返して壁の中に入っていく、といったようなものも明かなバグの利用でしょう。

微妙なケースとしては、HitBoxの存在しない箇所のように
制作者が意図してそうしたのか、していないのかよくわからないなんてものもあります。
制作者側としては修正したいのだが何かしらの違う問題が出る、修正するのに時間がかかりすぎるといったバグは面倒なので仕様と呼ぶ事も・・・。
まぁ、全ては運営側が判断するという事です。
コメント
Copyright (c) サドンアタック攻略ブログ
Copyright (c) GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。